最近の記事

2016年11月14日

【株式投資の配当金の受け取り】郵便局の窓口で配当金領収証を持って

株式投資の配当金を郵便局の窓口で「受け取り」する場合には
受け取る金額が少なすぎると恥ずかしい??

先日、IDOMからの配当金を受け取る事ができました
中間配当金領収証をもらえました。
IDOMから実際に受け取る金額が、479円

その翌日には、リソー教育からの配当金も到着です。
こちらは第2四半期配当金領収証をもらえました。
リソー教育の保有株数が、10株と単元株数の10分の1の少なさなので
こちらで受け取る事ができる、税金除いた配当金が、96円

なんか、さすがに、「96円」のみを
郵便局の窓口にもらいに行くの恥ずかしい??と思ったりしていましたが

その前のIDOM分の配当金まだ受け取りに行っていない状態です

そのため、
「IDOM」と「リソー教育」
この二つを一緒に配当金受け取りに行けそうです。

これなら、恥ずかしくない感じです。

あくまでも個人的感覚で
判断基準なので、

今日に、479円と96円の配当金を郵便局の窓口にもらいに行こうと思います。

お昼代の足しになりそうです。





配当金領収証には、シャチハタで印鑑を押して
免許証を持って窓口に行くようにしています。

印鑑を押すのと、身分証をお忘れなく
posted by パン職人 at 05:46 | 富山 ☁ | 配当金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
動画で株式投資を学べます