最近の記事

2007年05月12日

「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー

「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー
開催日時 2007年6月17日(日) 13:00-16:30

主 催 日本ファイナンシャルアカデミー


「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー

スケジュール


受付開始 12:30〜
セミナー開始 13:00〜
第一部 FXトレードテクニック編 13:00〜14:20

自己紹介
各通貨(ドル・ユーロ、ポンドなど)の動きの特徴
テクニカル分析
ファンダメンタル分析
2つをあわせたトレード手法
リスク管理
第二部 実践トレーダー編 14:30〜16:10
仕掛け時、出口戦略
具体的な事例による為替の動き(上海暴落時の為替の動き、サブプライム問題が与える相場への影響、など)
トレーダーとしての心構え
質疑応答


開催場所

金融財務研究会 日進ビル3F会議室 [地図]
東京都中央区日本橋茅場町2-9-5
地下鉄 日比谷線・東西線 茅場町駅 2番出口すぐ前
(日比谷線<北千住方面>ホームの後方出口)



「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー


22年間、第一線で戦い続けてきた為替ディーラーが語る!
初心者のレベルからプロのレベルへ駆け上がるFX投資長実践編!
FX取引で生き残る人、残れない人の理由がここにある! 近年、FX(外国為替証拠金)取引を始める個人投資家が増大しています。
なぜなら、FX取引は、レバレッジを利かせられる上、スワップ金利がもらえたり、 24時間いつでもトレードが出来たりと株式投資と違う様々なメリットがあるからです。

予測が当たれば、大きな利益を望むことが出来ます。しかし、一方で予測が外れてしまうと大きな損を出してしまうリスクを持っているのも事実です。

最初は、大きく儲かったが、その利益があっという間に、失ってしまい、相場から撤退しないといけなくなった個人投資家も多いかと思います。

その理由の多くが、突然の相場の動き、そして、リスク管理を徹底していないことに起因します。

既に、長年、FX取引を始めている人ならいかにFX取引が難しいかお分かりの方も多いのではないでしょうか?

FX取引で、利益を出しつつ、生き残る!



今回は、22年間、為替取引の第一線で戦い続け、三菱信託銀行(現、三菱UFJ信託銀行)のチーフディーラーをはじめ米国ファースト・インターステート銀行、仏国パリバ銀行、クレディ・スイス銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして名を馳せた松田哲氏に勝てる実践トレーダーとしてのノウハウを余すことなく語っていただきます!


■ テクニカル・ファンダメンタルズ分析、そしてリスク管理を徹底しよう
トレーダーとして、基本中の基本、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析。これらをいかに使いこなすかで、勝率を上げることが出来ます。
松田氏曰く。

「私は、テクニカル派でも、ファンダメンタル派でもない。その両方を使いこなすことが大事なのだ!」

例え、勝率を上げたとしても、一度、大きな損失を出せば、全ての利益が吹き飛んでしまう可能性があるのがFX取引。

「勝ちを限りなく大きく、負けを限りなく小さくする」

相場での勝ち負けのバランスを「2対1」もしくは、それ以上にすることによって、勝つ回数よりも負ける回数のほうが多くなっても、トータルで見れば勝つことが可能になります。

たとえ、1勝9敗であったとしても利回り100%を出すことは可能となります。

これこそ、FX投資において勝ち残るための極意なのです。

勝率を上げるのではなく、勝てるトレーダーになるためのトレードテクニックのみならず、トレーダーが最も気を使わなければならないリスク管理の方法をお教えします。

【プロの投資家を目指すならこんな用語も知っておきたい!】


バイ・オン・ディップ(Buy on dip)
スキャルピング(Scalping)
ショート・スクイズ(short Squeeze)
講義中は、専門用語も解説しながら講義をしていきます。



■ 超実践、為替相場の仕組みを解く
為替相場において、テクニカル分析、ファンダメンタル分析だけでは勝てない理由として突然の事件、政変や政府要人の発言、株価暴落、機関投資家の動きなど一見、為替相場に関係ない出来事だとしても、大きく為替が動くことがあります。
多くの投資家が、この突然の動きにやられてしまうのです。

仮に、リスク管理を徹底していたため損失を防げたとしても、その後の相場の動きに翻弄されて損失も積み上げていくことにもなりかねません。

しかし、この動きをうまく利用すれば大きく利益を上げることも出来るのです。

どんな事件がどんな影響を為替相場にもたらすのか、あなたは知っていますか?


株式市場暴落(9・11テロ事件、上海株価暴落等)
円キャリートレードの解消
サブ・プライム問題
連邦公開市場委員会(FOMC)の発表
政変、戦争、災害などの突発的な事件
上記のような、予測不可能な突発的な事件が起こってしまえば、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析も関係なしに相場が動いてしまします


例えば、2007年の2月27日に起こった上海の株式市場暴落をキッカケに急速な円高が進みましたが、その後、急速な円安が進み、ユーロにいたっては、ついに160円台を突破しました。

これらの突発的な事件後の為替相場動きを予測さえしておけば、大きな利益を上げられたはずです。

そのために、投資家の心理を理解し、為替相場の仕組みや世界の動きをきちんと把握しましょう!


一体、何が原因で、為替相場がどのくらい動くのか?
現在の為替市場は、どんな問題を抱えているのか?
ここ最近のドル安の原因は?
海外の機関投資家は、どういう時にどのように動くのか?
大きな変化が起こる兆候をどう見つければいいのか?
勝つ投資家になるためには、何が必要なのか?
などなど。
今回は、22年間、第一線で活躍してきた松田氏がこれまで経験してきた大相場やここ最近の為替相場が何が原因でどう動いたのか?勝つためにはどのように対処すればいいのか?まで初心者のレベルから実践トレーダーへ!あなたのレベルを引き上げます!!


■ こんな方にオススメ
外国為替証拠金取引(FX)でさらにトレード能力を向上させたい方
FX投資で壁にぶつかっている方
リスク管理・投資テクニックを学びたい方
より深く外国為替証拠金(FX)の仕組みを知りたい方
プロのノウハウを知りたい方

■ FX経験者限定のセミナーとなります。
当セミナーは、よりレベルの高いトレード手法を学ぼうとする方のために開催されるセミナーです。
本当に学んでいただきたいものを100%伝える為にFX経験者と絞り込み、プロのノウハウを学んでいただきます



また、より深く外国為替の仕組みをご理解いただくため、下記、用語等を十分に理解いただける方のみのご参加とさせていただきます。


スワップ金利
FOMC(連邦公開市場委員会)
レバレッジ
USD/JPY 、EUR/JPY
円キャリートレード
上記のうち、3つ以上の用語が分かる方のみご参加くださいませ。
これまで不思議に思っていたこと、理解が出来なかった相場の動き、壁にぶつかり悩んでいたことを実際の事例を用いて相場歴22年のプロのディーラーがお答えします!

より深い為替相場の世界をお見せします!




講師紹介
松田 哲 氏 Matuda Satosi
早稲田大学法学部を卒業後、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)に入社。支店勤務を経て、ディーリングルームへ。東京本店ならびにニューヨーク支店で、外国為替、国際資金業務のエキスパートとして、活躍。その後、米国ファースト・インターステート銀行に転職し、仏国パリバ銀行、クレディ・スイス銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして名を馳せる。また、東京外国為替市場委員会の委員として、外国為替市場での様々な問題を討議、提案を行う。現在は、ウェブサイト「松田哲のフォレックス・ディーラー物語/FXディーラー物語」を運営する一方で、法人・個人向けの外国為替に関するにコンサルティング業務を精力的に行っている。



講師からのメッセージ
個人でも外国為替取引をすることが容易になりました。最近は、"FX"とか"FX取引"と呼ばれることも多くなりました。
"FX"を始めることは簡単になったのですが、簡単でないのは「儲けること」。


外国為替取引(FX取引)で、継続して利益を得るのは容易ではありません。外国為替相場を読み、それに対応していくことは、決して簡単なことではない、と考えます。

1年後の生存率は1割から2割とも言われる過酷な外国為替証拠金取引(FX)。

シビアな相場の世界で、勝つためには、どう対応すれば良いのでしょうか?

「一通りの知識はわかった、その一歩先のノウハウが欲しい」といった声が聞こえてきます。そういったニーズにお答えすることが出来れば、と考えています。

「個々のバトル(戦闘)は負けてもいい。しかし、ウォー(戦争)に負けてはいけない」 「最終的に、勝つためにどうすればいいのか?」ということをお話できれば、と考えています。トレーダーズショップ

投資家のための専門店


動画で株式投資を学べます