最近の記事

2007年07月16日

システムトレードで儲ける奥義書

システムトレードで儲ける奥義書

株 システムトレードで儲ける奥義書-


日本上陸! 本格的自動売買マニュアル







システムトレードで儲ける奥義書



つい先日までは機関投資家の専売特許のように思われていたプログラム売買が、
個人投資家にとってここまで身近なものとなったのは新鮮な驚きです。



全ての
投資家に手に取っていただきたい、投資の未来を示唆する一冊です。

マネックス証券代表取締役社長CEO 松本 大



システムトレードで儲ける奥義書-

日本上陸! 本格的自動売買マニュアル



まえがき

機関投資家が参入している株式市場では、生き残っていける勝者は全体の5%程度と言われています。


機関投資家は手数料やリアルタイムで入手できる情報など、さまざまなな点で個人投資家と比較して有利な立場にあるといえます。


このような苛酷な相場環境のなかで、個人投資家でも機関投資家やヘッジファンドと対等に勝負できるためのツールが存在します。


それは、「システムトレード」。


システムトレード
とは、

自分が考えた投資アイデアを機械的に行うための手法です。


感情に左右されるような思い込みのトレードでは、たとえ利益を上げたとしてもそれは根拠のない偶然性によるもので、プロたちとの勝負にはならないといえます。


しかし、優秀な投資アイデアと統計的に証明された結果を元に、優位性のある投資手法で機械的に運用すれば、ヘッジファンドと互角に勝負をすることだって可能なのです!

巷では、システムトレードがブームとなっていますが、今までは実際にシステムトレードを実施するといっても、分析に必要な株式データを入手し、分析を行うためにエクセルのマクロ機能を利用して作り込む必要がありました。


さらに自動発注を実現させるためにはマウスジェスチャを記憶するツールを利用するなど、実際に自動運用できる状態にするためにはかなりの労力が必要でした。


しかし、本書で解説している「マネックストレーダー」は、

株式の銘柄データの取得から、分析、そして自動発注に至るまで、一つのソフトのなかですべてを実行してくれる、日本で初となる高機能のシステムトレード環境を実現しています。


マネックストレーダー」では

中学生レベルの英語力さえあれば、だれでも簡単に自分の投資アイデアをプログラム化できるような、易しいプログラム言語となっています。


投資アイデアをプログラム化してしまえば、過去10年分の株式データを元に、どの程度、自分の投資アイデアが実際に儲かっていたのか、といったことを、数秒のうちに計算してくれます。



「○×▲手法で、?億円儲ける方法」といった手法も、本ソフトを利用すれば、本当に儲かるのかどうかといったことが、簡単に分かってしまうのです。


私自身も、プログラムの経験がまったくない状態から、本ソフトの言語を使って、どんな投資アイデアもプログラム化できるようになりました。


個人投資家でも、

相場で勝ち残っていけるための分析ツール


マネックストレーダー」を、


初心者の観点から解説していきましたので、多くの皆様に、システムトレードのノウハウを理解していただけたら幸いです。システムトレードで儲ける奥義書-日本上陸!






posted by パン職人 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレードで儲ける奥義書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
動画で株式投資を学べます